鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:長生き

先日、久々に銭湯へ行きました。脱衣所でお年寄りたちの話題になっているのが、意外やオリンピックのこと。よくテレビを見ているらしく、次々と名前が出てくる・・・。横で耳をダンボにして聞いているアタクシには、チンプンカンプン。アタクシは、夜のハイライトを見てへぇ ...

母は60代の頃、狭心症で、その後、70歳を過ぎたところで心房細動で入院をしました。あの頃、診てくれていた医師は、母は長生きしないと言っていました。だから、アタクシはそれなりの老後を考えていました。まさか、母が90歳を過ぎて生きるとは思わず・・・。在宅介護中、母 ...

アタクシは料理が苦手、というかはっきり言って嫌いです。特に、煮物はダメ。料理を本格的に始めなければならなかったのは、50歳で母の介護が始まったとき。それまで、アタクシは家事一切は母に任せっきり。上げ膳据え膳の毎日でした。レシピを見ながら作ったものの、美味し ...

昨日は、母の96歳の誕生日でした。60歳代の頃、狭心症と言われたり、心房細動で入院したり、当時、医者からは長くないと・・・。そうなんや、と、アタクシもそれなりに自分自身の将来計画もしておりました。それが、70歳代を過ぎ、80歳代になり、認知症を発症し、誤 ...

毎朝、お茶を入れ、父の写真の前に置き祈る、いや、願うこと。母が穏やかに生活して、最期も穏やかであって欲しい。そして、母方の祖父母には、コロナを乗り切り、長生きできるようにと。思えば、願うというか祈るというか、内容が在宅介護中とは、大きく変わってきています ...

↑このページのトップヘ