鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:長谷川先生

在宅介護の際、一番の悩みは、デイやショートへ行くことを母が拒んだことでした。なんで、アタシがここに居てはいけないのよっ!アタシは、ベットで寝ているだけなんだから。全く、アタクシの生活のことなんか、毛頭ありませんでした。そんなにアタシが邪魔なのね。と、アタ ...

今日は文化の日。とは言ってもアタクシには、平日と一緒。昼間の〇HKの番組が、いつもと違っていて、なんでや?と疑問を感じ、ああ、そうやと気が付きました。今日が祭日だとわかり、〇HKの午後1時からの番組は何だろうと見てみたところ、「認知症の第一人者が認知症になった ...

君の認知症研究は君自身が認知症になって初めて完成する認知症の判断に欠かせない、長谷川式スケールを開発し、「痴呆」と言われた現象を「認知症」という病気の名前に変えてしまった長谷川先生。先輩医師が言った言葉をそのまま、自ら認知症を公表して、NHKスペシャルで2年 ...

↑このページのトップヘ