鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:集団リハビリ

母の抜糸のための通院は、午後でした。病院から施設(特別養護老人ホーム)に戻ってきたのは、午後4時近く。エントランスで母を見送り、一階のホールがいつもと違いドアが開いていたので、廊下から覗いてみました。そうそう、猫の佑介君のお母さんが、「2年近く中止されてい ...

春日和の今日は、布団を干し、洗濯物を干し、穏やかな一日でした。そうだ、パジャマのズボンのゴムが伸びていて直すんだっけ。幅広のゴムだったので、少し切って縫うことにしました。裁縫箱を持ってきて、針に糸を通したとき、母の施設(特別養護老人ホーム)での集団リハビ ...

今朝は、近所の歯科医院でクリーニングを受けてきました。半年に一回、ハガキが届くのです。ほんとは昨年中にというお知らせでした。ところが、先日、グミを食べていて歯の詰め物が外れてしまい、慌てて駆け込みました。これで、二度目。医師からは、三度目は無理ですから、 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)へ洗濯物を取りに行きました。エントランスホールに入るには、自動ドアを二つ通ります。中へはそのまま入ることは出来ますが、逆に外へ出るには、少し高いところにあるスイッチを押さないと出られません。そう、徘徊のある入所者さんが出て行 ...

集団リハビリを終えてユニットに戻り、廊下でスタッフさんに車椅子を押して貰うと、母は、アタクシが面会に来たことを忘れてしまいます。帰る支度をしているときに、ベランダへ出るガラス戸のところに、眼鏡を置いてきたことを思い出しました。その場所は、母の視線の先。ウ ...

↑このページのトップヘ