鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:面会

一昨日の朝、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんから連絡。固形物があまり、食べられなくなりました。メイバランスをなんとか、飲まれていますが明日、お昼にお母様のお好きなものをお持ちになって面会されませんか?耳鼻科の治療で上京中、ついでに兄の ...

看取りに入った・・・となると、施設(特別養護老人ホーム)では、体制を整えて介護をするとのこと。入所するときに、最期の時についての意向書を提出しています。医療に依存せず、自然体で最期をということ。そのために、施設の関係者で会議を行い、母の看取りが本格的に始 ...

言い訳をします。このところのアタクシは、事が起こるたびに、何もする気にならず、落ち込んでしまいます。翌日、これではアカン!、日常を淡々と過ごさねばと思うのです。昨日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行ってきました。看取り期入りつつある入所者につ ...

午前中に、母の施設(特別養護老人ホーム)の看護師さんから電話がありました。今、お母様が危ないということではありませんが、お話し出来る時間はありますか?結論を言ってしまいましょう。母が看取り期に入ったということでした。お母様の呼吸が少し、浅くなりつつありま ...

今日、3月19日は、母の施設(特別養護老人ホーム)の猫ユニットに飼い主さんと一緒に暮らしていた猫の佑介くんの命日です。コロナ禍前に、佑介くんのお部屋に遊びに行きました。お母さんにピトッとくっつき、アタクシのことを、「キミ、誰?」という感じで見ていた可愛い子で ...

↑このページのトップヘ